活動2020 一覧

植物観察会8月度(実施報告)New!

テーマ:夏の植物~ミズアオイ、ヒメムカシヨモギなど~
日時:2020年8月23日(日)9:30〜12:00
天気:晴
参加者:10名
スタッフ:菅村、村田

10名のお客様を2名のスタッフでご案内しました。

樹木の復習です。昔はニレ科だった3種の木が並んで植えてあります。エノキとムクノキはアサ科になりました。ニレ科に残ったのはケヤキだけです。かつてはムクノキの葉がサンドペーパーの代わりに使われたことを触って実感していただきました。エノキはオオムラサキやゴマダラチョウの食草です。最近、近畿にもアカボシゴマダラという特定外来生物である蝶が見られるようになってきているというお話もしました。

県立大学の授業で伐採された樹木を見ました。細い木には萌芽更新が起きていましたが、太い木には枝が出てきていませんでした。枯死するのでしょう。裸地にはダンドボロギクが生えてきていました。こんな場所がダンドボロギクの本来の生育地であり、数年で姿を消すのが普通だが、近年はシカの食害で各地に繁茂し、消えることがないこと、白い綿毛が飛んで行って洗濯物について嫌われることなどをお話ししました。

ネムノキ、タラを見ました。果実が付いていて、豆の仲間であることが一目でわかること、タラはこの花の少ない時期には虫たちのよい蜜源になっているというお話をしました。

朝から暑い中、日陰で休みながら、クロモジの芳香に癒されながら目的地に着きました。
そこにはミズオオバコがたくさん咲いていました。純白の花がほとんどですがピンクも含まれていました。

ヒメムカシヨモギとオオアレチノギクを比較して、ヒメムカシヨモギの花には短いけれども白い花弁があることを見ていただきました。

今日観察した植物
エノキ、エゾエノキ、ムクノキ、ダンドボロギク、ホタルイ、ネムノキ、タラ、キツネノマゴ、クロモジ、ヘクソカズラ、ヤマハゼ、ヒメキンミズヒキ、コケオトギリ、ハシカグサ、ミズオオバコ、ヒメムカシヨモギ、オオアレチノギク、ヤマノイモ、ニガナ、カタバミ、ヒメクグ、メドハギ、ヤハズソウ、スブタ、ヤナギスブタ


巣塔めぐり(実施報告)New!

suto200815-1
 

コウノトリ文化館開館20周年夏休み特別企画
「コウノトリの巣塔めぐり」

日時:2020年8月15日(土)9:30~11:30
天気:晴れ
参加者:7名
スタッフ:高橋

夏休み特別企画最終日は「コウノトリの巣塔めぐり」を7名の親子で実施しました。

最初に展示実習室で今年のコウノトリの繁殖状況の話をした後、外に出てコウノトリの巣の模型を使って繁殖のお話しをしました。最初の巣塔観察は歩いてすぐの祥雲寺巣塔。ちょうど10時の給餌の時間となり、たくさんのコウノトリを目の前で見て頂くことができました。

準備をした後、各自の車で盆地内の巣塔をめぐりました。まず、野上巣塔。ちょう繁殖ペアがビオトープで活動中。コウノトリ保護増殖センターの歴史や、コウノトリの飼育のお話をしました。

次に赤石巣塔に向かいました。8月10日に豊岡周辺では今期最後となる1羽の幼鳥が巣立ったところです。あいにく、コウノトリは見つかりませんでしたが、赤石堤外のツバメのねぐら入りの話題などを聞いてもらいました。

ここから南に移動。六方田んぼ百合地、河谷、森尾の順に巣塔をめぐりました。ちょうど2時間が経過したところで、森尾地区で現地解散としました。
 suto200815-2 suto200815-3


小川で遊ぼう(実施報告)New!

ogawa200814-1 

コウノトリ文化館開館20周年夏休み特別企画
「小川で遊ぼう」

日時:2020年8月14日(金)9:30~12:00
天気:晴れ
参加者:59名
スタッフ:北垣

夏休み特別企画3日目は「小川で遊ぼう」。文化館前の鎌谷川で川遊びでした。50名もの参加者があり、とても賑やかでした。タイコウチやミズカマキリ、ヤゴなどの水生昆虫や、ドンコやタナゴ類などの魚を捕まえた子もいました。

今年は梅雨が長かったので、川の水もしっかりとあり、ぬるすぎず、ちょうどいい冷たさでした。川遊びにはちょうどよかったです。

ogawa200814-2 ogawa200814-3 ogawa200814-4 ogawa200814-5 ogawa200814-6 ogawa200814-7


昆虫採集(実施報告)New!

konchu200813-1

コウノトリ文化館開館20周年夏休み特別企画
「昆虫採集」

日時:2020年8月13日(日)9:30~11:30
天気:晴れ
参加者:22名
スタッフ:上田、他2名

夏休み特別企画2日目は昆虫採集。参加者22名とスタッフ3名。ピクニック広場とビオトープで遊びました。トンボやバッタを追いかけて楽しく過ごしました。途中で小学生の参加者5名とスタッフ2人名で自然観察路1周グループを編成、森の昆虫探検をしましたが、成果はカブトムシの死骸のみ。山は虫が少なかったですね。

konchu200813-2 konchu200813-3 konchu200813-4 konchu200813-5


森の観察会(実施報告)New!

morikansatu200812-2

コウノトリ文化館開館20周年夏休み特別企画
「森の観察会」

日時:2020年8月12日(日)9:30~11:30
天気:晴れ
参加者:10名
スタッフ:菅村、稲葉、村田

ビオトープ、自然観察路を歩きながら、植物やキノコ、昆虫類などの観察をしました。
植物の匂いの観察では、クロモジ、ヒノキ、ダンドボロギクの匂いをみんなで嗅ぎました。クロモジのいい匂いにびっくり。

ビオトープでは、シオカラトンボ、キイトトンボ、ショウジョウトンボ、オオイトトンボなどいろいろなトンボが飛び交っていました。ちょうどその時、コウノトリたちもたくさん僕たちの上を飛んでいました。メダカも観察できました。

希少植物では、スブタ、ヤナギスブタ、クサレダマ、サンショウモなどを観察しました。また、シカの食害などを勉強しました。

山道では、ニホンアカガエル、モエギザトウムシ、ミヤマカミキリ、サワガニなどの動物にふれあい、キノコではカワリハツ、ビョウタケ、カワラタケ、ハナビラダクリオキン、アリノタイマツなど、粘菌ではシロウツボホコリを観察しました。

豊岡は相変わらずの猛暑ですが、山の中は直射日光が当たらないのでほんの少しだけ助かりました。約2時間の観察会でしたが、皆さん楽しんでいただけたようです。

morikansatu200812-1

morikansatu200812-3
サンショウモ

morikansatu200812-4
ミヤマカミキリ

morikansatu200812-5
ニホンアマガエル

morikansatu200812-6
ホオの葉っぱで


コウノトリ自然観察会8月度(実施報告)New!

sizenkansatu200809-1

日時:2020年8月9日(日)9:30~12:00
テーマ:コウノトリとメダカ
天気:晴れ
参加者:8名(3組)
案内人:北垣

sizenkansatu200809-2

sizenkansatu200809-3最初は河谷巣塔に向かいました。途中、六方田んぼの農機倉庫の前に河谷の幼鳥J0325がいるのを見つけて、しばし観察。

sizenkansatu200809-4 sizenkansatu200809-5 sizenkansatu200809-6その後、河谷巣塔へ到着。巣塔には幼鳥J324がいました。ちょうどその時、親鳥のJ0178が帰ってきまして、続いて先ほどのJ0325も帰ってきました。J0178からエサをもらっていました。

sizenkansatu200809-7
sizenkansatu200809-8河谷巣塔を後にして、次は六方めだか公園に到着。公園を管理されている岡本氏よりお話を聞いた後、メダカの採集と観察をさせてもらいました。

その後、加陽湿地でコウノトリを探しましたが、アオサギが数羽いたのみでした。ここで時間となり、解散しました。


草木染講座 New!

夏休みの企画最初は「草木染講座」です。
今日はコブナグサで黄色に染めました。
どんな模様ができるかは、開いてみてのお楽しみ。
楽しい模様がたくさん出来ました。

参加者 9名
草木染1草木染2草木染6 草木染5 草木染4 DSCN5948.jpg草木染3

 

コウノトリ自然観察会7月度(実施報告)

IMG_2951

テーマ:コウノトリとトンボ
日時:2020年7月12日(日)9:30〜12:00
天気:曇り時々雨
参加者:11名(5組)

案内人:上田、武田

7月のコウノトリ自然観察会。少し雨が降りましたが、すぐに上がり傘の出番はなくまりました。

IMGP0005
最初は赤石巣塔です。ビオトープに沿ってゆっくり歩き、ここで育雛中のコウノトリを観察。
IMG_3075 (2)
続いて野上の保護増殖センター。今回の参加者の皆さんは全員初参加で若い人ばかり。ここでコウノトリの保護の歴史を少しだけ紹介。
IMG_3115
次は河谷巣塔。集落の中にある巣塔です。

IMG_3088

ここで時間切れになり予定を切り上げて加陽湿地に直行しました。ここで伊豆巣塔を遠くから確認し、堤防周辺で子どもたちのリクエストに応えて昆虫の観察。
IMG_3138 (2)IMG_3140

最後は交流館で休憩し解散。


コウノトリ自然観察会6月度(実施報告)

sizenkansatu200614-9

テーマ:巣立ちコウノトリと野山の鳥
日時:2020年6月14日(日)13:00〜15:30
天気:雨
参加者:6名(3組)

案内人:高橋、武田

sizenkansatu200614-13
コロナ禍の影響で、2020年度最初のコウノトリ自然観察会が6月度になりました。今回のテーマの巣立ちコウノトリにふさわしい観察スタートは、西公開ケージに水浴に来ていた祥雲寺巣塔から巣立ったJ0274オス。幼鳥と成鳥の外形の違いを、目の前で観察してもらえました。

sizenkansatu200614-1
いつも通り、三江小学校グランドにある庄境巣塔の観察から巡回開始。やんでいた雨がこの頃から再び降り出しました。

sizenkansatu200614-2
庄境巣塔の3羽のヒナのうち1羽は、つい2日前に巣立ったばかり。残る2羽も巣立ちのタイミングを待っています。

sizenkansatu200614-3
六方田んぼの百合地巣塔に移動。ここも巣立ち間際の3羽のヒナがいます。

sizenkansatu200614-4
雨が強くなってきて、ヒナ3羽のうち1羽は伏せているようで見えませんでした。

sizenkansatu200614-5
百合地に隣接する河谷地区の巣塔。村中の広場から間近に営巣の観察ができます。

sizenkansatu200614-6
まだ幼いヒナが2羽顔を出していました。河谷巣塔での初めての繁殖です。

sizenkansatu200614-7
神美地区の森尾地区に今年新設された巣塔でも、新しいペアが子育て中です。

sizenkansatu200614-8
森尾巣塔では2羽のヒナが育っています。

sizenkansatu200614-10
同じく神美地区の下鉢山地区の巣塔でも、初めての繁殖が始まりました。深い巣内で伏せていて、2羽いるヒナの姿は見えません。

sizenkansatu200614-11
出石の袴狭(はかざ)巣塔では足輪付けの終わった3羽のヒナがいます。ちょうど親鳥が戻ってきて給餌を行う場面を観察できました。

sizenkansatu200614-12
最後の観察は出石の水上(むながい)巣塔の2羽のヒナ。足輪を付けられたばかりで、巣立ちはもう少し先。

巣塔めぐりを終えたあと、加陽水辺公園交流館でまとめをして解散しました。雨が強くなって行くなかでの観察でしたが、たくさんのコウノトリの営巣状況を見ていただくことができました。


ホタル観察会2020(実施報告)

200612-5
日時:2020年6月12日(金)20時~21時
場所:コウノトリの郷公園内
主催:豊岡市立コウノトリ文化館
参加者:120人

 200612-1
スタッフが19時に集合し、参加者を迎え入れる準備を始めました。ホタル観察には欠かせない菜種殻の箒も倉庫から出してきました。三々五々、親子連れがやって来ました。

200612-2
多目的ホールでは、はやい時間から岡本順子さんのピアノ演奏が流れており、開会までの時間を音楽でゆっくりと過ごしてもらうことにしました。従来は30分間の岡本順子さんのミニコンサート形式をとっているのですが、新型コロナウィルス感染予防のために、BGMとしてピアノを弾いてもらうことにしました。座席も対策用の通常の状態とし、館内のドアはすべて解放のまま進行させました。

200612-3
西公開ケージに光がもれて、飼育コウノトリには少し迷惑だったかもしれません。参加者には、黄昏時のコウノトリの様子も見てもらえて、めったにない機会にもなりました。

200612-4  20時ちょうどに開会。リーダーの上田代表理事より観察に対する諸注意を手短に説明したあと、すぐに園外へと繰り出しました。

200612-6
西公開ケージの東斜面裾野の水路沿いは、いつものゲンジボタル観察ポイント。今年もここで多くのゲンジボタルの発生を確認しました。

200612-7
東公開エリアの周回路では、特に東側の水路沿いにゲンジボタルが多く発生していました。子どもたちの歓声が上がり、箒でホタルを捕まえて遊びながら、ゆっくりと園内を一周してきました。新型コロナウィルス感染予防対策を講じながら、2020年度の最初の屋外イベントを実施することができました。参加者の皆さんも、たくさんのホタルに出会えて楽しんで頂けたと思います。雨も降らず、風も無く、月も星も雲に隠れて、ホタル観察には絶好の夜となりました。