企画展 一覧

草木染 New!

 

草木染講座
8月1日(日)
参加者:4名
スタッフ:村田

今年も黄色を染めました。
染めたのは木綿のハンカチと以前に参加者の方がくださった絹の布です。

模様は、輪ゴムを布にくくることでつけています。どんな模様にしようか考えながら、輪ゴムをつけます。
染め終わって、輪ゴムを取る瞬間はどんな模様になっているかワクワクします。

同心円状の模様ができた男の子は「花火ができたー」と言っていました。
色目の違いは植物性繊維か動物性繊維かによるもので、絹の動物性繊維の方がやはりよく染まります。


企画展示:夜の知られざるクモの世界 New!

 

但馬のクモ研究の第一人者の一人、山本一幸氏撮影の真夏の夜の世界に生きるクモの生態写真展を行います。多くの人の目にはとまらない、美しきクモたちの世界をちょっとのぞいてみませんか。

展示タイトル:夜の知られざるクモの世界
展示時間:2021年8月31日(火)まで
場所:コウノトリ文化館展示実習室特設コーナー

【山本一幸 (いっこう):プロフィール】
美方郡新温泉町久斗山在住 年齢:62歳
高校の時にムツトゲイセキグモを兵庫県内で初めて採集したことでクモに魅入り、それ以来、県内のクモ相の究明に45年間取り組む。上山高原の自然再生事業において、クモ類や昆虫を対象としたモニタリング調査を15年以上継続中。

日本蜘蛛学会会員、環境省自然公園指導員、兵庫県自然保護指導員、山陰海岸ジオパークガイドコーディネーター、久斗山地区公民館館長、等。

 


企画展示「がっせぇ水族館展」開催案内 New!

NPO法人がっせぇアート主催の「がっせぇ水族館展」を開催いたします。昨年は「がっせぇ動物園展」で人気を博しました。今回は子供たちの夏休みに合わせて、水生生物の「がっせぇ」アートを展示いたします。どうぞ親子でお楽しみ下さい。

がっせぇ水族館展
主催:NPO法人がっせぇアート
期間:2021年7月1日~8月31日(月曜休館)
   ※8月9日(月)は開館、10日(火)が振替休館
場所:豊岡市立コウノトリ文化館企画展示コーナー(9時~17時)
入場無料(環境協力金の募金をお願いしております)


企画展示「蝶に魅せられて」

市内在住の由良雅彦さんが定年後にコレクションされた、但馬各地の蝶の標本を展示します。

会期:2018年12月15日(土)~1月14日(月祝)

181214-5 181214-6 181214-7 181214-8

 


企画展示「自然に魅せられて」

但馬ネイチャーフォトクラブの写真作品展です。コウノトリがテーマになっています。

会期:2018年11月15日(木)~12月14日(金)

kikakuten181116-1 kikakuten181116-2


第13回コウノトリ写真コンクール入賞作品展

kikaku180417
コウノトリファンクラブ主催の第13回コウノトリ写真コンクールの入賞作品展を開催します。

展示期間:2018年4月17日(火)〜5月18日(金)
     月曜日(休館日)を除く9時~17時(最終日は16時まで)

展示場所:豊岡市立コウノトリ文化館企画展示コーナー(エントランスホール右手)


【企画展示】語りかける絵画の世界「コウノトリの世界へ」

 展示期間:2018年2月10日(土)〜2月28日(水)
     休館日を除く9時~17時
展示場所:豊岡市立コウノトリ文化館企画展示コーナー(エントランスホール右手)
 180210-1
豊岡市在住の洋画家・恵後原好一さんのコウノトリを題材にした油絵を中心に作品展示します。写真とは違ったファンタジックなコウノトリの世界をお楽しみ下さい。


【企画展示】但馬ネイチャーフォトクラブ写真展

 展示期間:2017年11月15日(水)〜12月14日(木)
     月曜日(休館日)を除く9時~17時
展示場所:豊岡市立コウノトリ文化館企画展示コーナー(エントランスホール右手)

kikaku1715-1 kikaku1715-2 kikaku1715-3 kikaku1715-4
但馬の自然写真をテーマに撮影や作品発表を続けておられる、但馬ネイチャーフォトクラブの会員様の作品展です。今回はコウノトリをテーマに、作品を集めてもらいました。皆さんの力作をぜひご覧ください。


【企画展示】出石谷山川ミズアオイ保全活動展

 展示期間:2017年9月1日(金)〜9月30日(土)
     月曜日(休館日)を除く9時~17時
展示場所:豊岡市立コウノトリ文化館企画展示コーナー(エントランスホール右手)

 mizuaoiten170901-2
mizuaoiten170901-1

出石町内を流れる出石川支流の谷山川で、長年にわたり希少水生植物のミズアオイの保全に取り組まれてきた「環境ネット出石」(湊崎康雄会長)の、その活動の足跡を展示します。谷山川ではミズアオイが開花しはじめています。この機会に、私たちの身近に咲く水辺の美しい植物のことを知ってみましょう。

 


【企画展示】武生(たけふ)展

 展示期間:2017年8月5日(土)〜8月31日(木)
     月曜日(休館日)を除く9時~17時
展示場所:豊岡市立コウノトリ文化館企画展示コーナー(エントランスホール右手)

takefuten170805-1 takefuten170805-2
野生コウノトリが減少の一途をたどっていた1970年、福井県武生市に飛来した1羽のコウノトリがいました。この「武生(たけふ)」は野生の血を引くことから繁殖に大きな期待が寄せられましたが、ペアリングはなかなか思うようにはいきませんでした。しかし長年の努力が実を結び、1994年に1羽のメスのコウノトリ「紫(むらさき)」が誕生、今年は福井県で飼育するTペアに、その卵を托卵し、2羽のヒナが生育しています。このたびは現代へも脈々とつながる武生の血統に着目し、パネル展示を行います。
(兵庫県立コウノトリの郷公園の案内文より)

主催:兵庫県立コウノトリの郷公園
共催:福井県、豊岡市、豊岡市立コウノトリ文化館


1 2