植物観察会2022年5月度(実施報告)New!

5月22日 5月植物観察会

神鍋山まで遠出しました。

山の入り口にはヤマナラシの大きな木があります。ヤマナラシの名前通りに風を受けて葉がこすれて大きな音を立てていました。

1組2名のお客様なのでのんびりゆったりと観察をすることができました。

山頂に上ると植生保護柵が設置されていました。兵庫県の保護上重要な植物であるホクチアザミです。人が管理する草原が激減し、この種も激減しました。豊岡市でも激減し、この柵の中以外では知られていません。

春の花は終わりかけていましたが、かわいい花をたくさん見ることができました。
それぞれの写真に名前を書いておきます。


アマドコロ
ナルコユリに似ていますが、茎に角があり触ると違いがよく分かります。

アマドコロを観察しています。
黄色いのはハルザキヤマガラシです。これも駆除しないといけない外来種ですが非常に広がっています。



ミツバツチグリ
この山にはキジムシロもオヘビイチゴもヘビイチゴも生えています。


ヒトリシズカ
この山にはフタリシズカも生えています。


オカオグルマ
スキー場の管理として山焼きがされているのでこの植物は生き残っています。


ヒメハギ
大きく写っていますが、実際は小さな花です。


ウスバシロチョウ
食草のムラサキケマンがシカの影響で激減し、このチョウも数を減らしました。

白いのは、フランスギクです。
美しいのですが抜かないといけない外来種です。

カナビキソウ
半寄生植物とされています。寄主はイネ科植物とされていますが、それ以外にもあるのかよく分かっていません。移植が不可能な種なので神鍋山の草原がこのまま続いてほしいと思います。